1937年のパリ万国博覧会と光の館

「電気の精」は「近代生活における芸術と技術」をテーマとするパリ万国博覧会の際に光と電気の館のために、ラウル・デュフィが構想を練り制作したものであります。この万国博覧会(万国博)は1937年パリで、5 月4日から11月 25日 まで開催され、会場はシャン・ド・マルスからトロカデロまで、さらにエッフェル塔からアンバリッドに及ぶエリアでありました。

Exposition de 1937

 平和と進歩を称えるために1932年から準備されたこの万国博は、国際的緊張の高まっていた時期に行われましたが、2年後に第二次大戦が勃発し、経済不況下のフランスは1936年には多数のストライキに見舞われました。このような状況は万国博に影響を与え、多くのパビリオンは未完成のまま開会式を迎えました。パビリオンの数は300、参加国は51か国、会場は105ヘクタール、来場者は3200万人となり、画家348名、彫刻家257名、室内装飾家118名がこの万国博に参加しました。万国博は期待通りの大成功を収めました。

Plan de l'exposition

 電気業界を代表するパリ配電会社(CPDE,現フランス電力)が中心となり、光と電気の館の建設をモダニズムの建築家マレー=ステバン(Mallet-Stevens)に託し、「電気の精」の背後に現れる「光の社会的役割展」の演出をジョルジュ=アンリ・パンギュッソン(Georges-Henri Pingusson)に依頼しました。

Photographie noir et blanc de l'installation d'une cabine de projection sur le parvis du palais de la lumière et de l'électricité. La Tour Eiffel apparait en arrière plan.

 シャン=ド=マルスの端に建てられた建物は長さ100メートル、高さ 20メートルで、かすかに湾曲していました。このため日暮れには揺らめく光や映画を正面スクリーンに映すことができました。ウエサンの新灯台ともいうべき光と電気の館が光の束で万博会場全体を照らしていました。

Pavillon de la lumière et de l'électricité

2本のソレノイドの柱が7メートルの高さの電光を作り出していました。その前にフランスの彫刻家レリック(Wlerick)による雷を捕らえるゼウス像が立っていました(図1-11)。

Etincelle réalisée en haute fréquence. Longueur 7 m, puissance 200Kw, plusieurs millions de Volts, réalisation par la CPDE. Au premier plan, la statue de Zeus. Au fond, dans l’axe de la tour Eiffel, la cabine de projection.

 

「電気の精」

 デュフィがこの注文を受けたのは、1936年 7月 7日になってからでありました。デュフィは61歳の高名な画家であり、すべての芸術的、装飾的技術に通じていました。すでにパリのビアール博士邸の食堂の装飾(1927-1933)やアンティーブにある、ベズベレール(Weisweiller, フランスの銀行家・コレクター) のラルタナの別邸の応接間の装飾(1928-1929)を制作していました(図12)。

 しかし、条件は同じではありませんでした。資料集めの時間を考慮に入れると、このフレスコ画を11か月で仕上げなければなりませんでした。

 デュフィは難題を引き受け、比類なきオーケストラの指揮者と化しました。完璧に大役を果たしたのであります。

 科学的資料の収集は、物理学博士・ソルボンヌ大学講師・パリ配電会社顧問アンリ・ボルクランジェ(Henri Volkringer)の指導を受けた弟のジャン・デュフィが行いました。デュフィ自身メモを取り、数人の学者に会いに行きました。

 デュフィはカンバスをやめ、高さ2m、幅1m20のパネル250枚を制作しました。パネルはかすかに曲がり、釉薬がかけられました。彼は念入りに乾燥と研磨を見守りました。ついで、パネルは金属の骨組みの上でネジ止めされました。

Photographie de Raoul Dufy exécutant un grand panneau décoratif sur l'électricité.
 

Photographie de Raoul Dufy (1877-1953) travaillant à sa fresque "La Fée Electricité".

 油絵の具は乾きが遅く、フレスコ画には不向きでした。そこでデュフィは知り合いの化学者ジャック・マロジェ(Jacques Maroger)に相談しました。マロジェはルーブル美術館の研究室長であり、昔の巨匠の技法からヒントを得て、「絵の具に透光性を与える」特殊な媒材を開発したところでした。この媒材を絵の具に混ぜると、待ち時間が少なくなり、何度も描き直すことができました。こうして絵画に透光性が与えられ、水彩画のように見えました。マロジェの指導のもとに、モントルイユ=スー=ブワのブルジョワ商会が絵の具にこの媒材を混ぜました。結局500キログラムの絵の具が使われました。

Photographie de Raoul Dufy, préparant sa fresque "La Fée Electricité" (600 m²), pour l'Exposition internationale de 1937.
 
Photographie de Raoul Dufy, travaillant sur sa fresque "La Fée Electricité" dans son atelier en 1937.

 デュフィは多数のデッサンをガラス板に焼き付けました。ついで特殊なプロジェクターを使って、望み通りの寸法にガラス板の画像を引き伸ばしました。弟のジャンや二人の助手(アンドレ・ロベールとポーレ)が画像の周辺を描きましたが、大半はデュフィの手によるものでした。

 

 下絵とリトグラフ

 デュフィとパリ配電会社との契約によれば、デュフィは「電気の精」という装飾画以外に、その1/10の縮尺の下絵を描くはずでした。1937 年5月、デュフィは「ご注文の下絵を制作しますが、すぐにではありません。割り当てられるスペースによって、寸法を決めるのに多分役立つでしょうから」と述べました。フランス電力の1954 年2月 3日付けの報告書によれば、下絵は1938 年1月に提出されたので、デュフィがデッサンを描いたあと、装飾画の完成後渡されたのでした。デュフィは1951 年から1952年にかけて、リトグラフの制作中この下絵を使ったのであります。

Panorama de la fresque "La fée électricité" de Raoul Dufy
 

Panorama de la fresque "La fée électricité" de Raoul Dufy
 
 1951年、パリ配電会社を引き継いだフランス電力公社の理事ガブリエル・ドシュ(Gabriel Dessus)は編集者のピエール・ベレス(Pierre Beres)に、「電気の精」を再び世に出すことを検討してほしいと頼みました。ベレスがこの計画をフェルナン・ムルロー(Fernand Mourlot, 近代絵画の解説者・リトグラフ作家)に打ち明けたところ、画家モーリス・ムルロー(Maurice Mourlot)やリトグラフ作家シャルル・ソルリエ(Charles Sorlier)の協力を得ました。デュフィは関節炎のコーチゾン療法を受けるため1年間アメリカに滞在していましたが、1951年 5月に帰国しました。デュフィは最初この装飾画のリトグラフに反対していましたが、やがて同意し、専門的に監督し、色彩や細部に手を入れました。ついに1/10の縮尺の最初のリトグラフが完成すると、デュフィはグアッシュで模様や色彩を描き直し、画面全体の調和を図りました。1936年に描いた下絵の原画を取り出し、下絵に欠けていた細部を補充して、リトグラフを修正しました。美術評論家ベルナール・ドリバル(Bernard Dorival)によれば、デュフィはこの作品に大満足したということであります。1937年の装飾画の弱点を少し苦にしていましたが、出来上がったリトグラフは完成度が高く、さらに人情味が加わったものとなったからでありました。

 リトグラフは1953 年6月に刷り上がりました。10枚1組で、1 枚のシートサイズは100 x 60 cmでした。透かし模様の紙を使って、350 または 385部が作られました。リトグラフは当時最大のもので、そのため1枚ごとに20色以上を使い、200回刷らなければなりませんでした。デュフィは、リトグラフ全体の完成以前にこの世を去りました。オリンポスの神々の鎮座する中央部の2枚しか見ませんでした。フェルナン・ムルロー曰く、「私の唯一の後悔は、デュフィが数枚しか修正せず、1953 年5月に完成した作品を全部は見ることがなかったことであります」。リトグラフは複製以上の出来映えでありました。

フレスコ画のタイトル


 「電気の精」というタイトルは、デュフィが名づけたものではありません。 多分、「電気の歴史」、「電気史の変遷」あるいは「電気の栄光をたたえて」のようなタイトルを考えていたかもしれません。1954年美術史家ベルナール・ドリバル(*1)は、1900年のパリ万国博覧会の光の束に感動したポール・モラン(*2)の表現を真似て、初めてこのフレスコ画を「電気の精」と命名したのであります。
 「その時、奇妙な笑い声が響いた。「電気の精」の声であった。1900年の寝室のモルヒネのように、電気は万国博で勝利した。本物の王族のように空から生まれた(中略*3)。「電気」なるものを、人は蓄積し、凝縮し、変圧し、瓶につめたり、電線に張ったり、コイルに巻きつけたり、さらに水中や噴水に放電したりする。屋根の上に解放し、木立の間に閉じこめる。禍(わざわい)も招くが、1900年の宗教でもある」――ポール・モラン著『1900年』(Paul Morand, 1900, Editions de France,1931)
 デュフィはオリンポスの神々を登場させて、商業の神ヘルメスと虹の女神イリスに2つの使命を託しました。ヘルメスには人間に電気の恩恵を伝えること、イリスには全世界に光と音を広めることであります。この飛翔する女神は魔術師のような妖精を彷彿とさせます。恐らくそれがドリバルの意図したことでしょう。
 *訳注
 Ⅰ)ドリバル(Bernard Dorival, 1914-2003, フランスの美術史家)主著La Belle Histoire de la Fée Electricité de Raoul Dufy, La Palme, 1953.(『ラウル・デュフィの「電気の精」秘話』
 2)モラン(Paul Morand, 1888-1976, フランスの作家・外交官)。主著:Ouvert la nuit, N.R.F. , 1922(『夜ひらく』)、Fermé la nuit, N. R. F. , 1923(『夜とざす』)
3) (中略)の部分の要約:1881年のパリ国際電気博覧会には90万人以上が入場した。20年後、さまざまな改良の末、電気は洗練され、多様化し、1900年の万国博において、進歩と近代化の象徴となった。

 

ラウル・デュフィ(1877-1953)


ラウル・デュフィは20世紀初めから、野獣派のアンリ・マティスやアンドレ・ドランとともに絵画活動を始めました。絵画や彫刻をはじめ、デザインなど装飾芸術にも興味をもちました。木版画の名人として、1911年アポリネールの『動物誌』の木版挿絵を制作し、名声を博しました。服飾デザイナーポワレに認められ、布地のデザインをするようになりました。リヨンの絹織物会社ビアンキーニのスタッフとして、17年以上布地のデザインに熱中しましたが、絵を描くこともやめませんでした。1920年代に、カタルーニャの陶工
アルティガスと共同で陶磁器を制作し、成功を収めました。ついで国有備品のような公的な注文をこなし、またパリのビアール博士(Docteur Viard)邸食堂の装飾やアンティーブのベズベレール(Weisweiller, フランスの銀行家・コレクター)のラルタナの別邸の応接間の装飾も手がけました。1927 年から1933年までこうした装飾画に従事したため、布地のデザインは中止せざるを得ませんでした。また客船ノルマンディー号のプール周辺のデザインも依頼されましたが、実現しませんでした。1937年のパリ万国博覧会には、早くから出品の依頼を受けました。

 

 パリ近代美術館への寄贈


 1937年、注文主のパリ配電会社(現フランス電力)は、会社が「電気の精」の所有権を有するものの、パリ市が虚有権所有者であることに同意しました。1964年、フランス電力が「電気の精」をパリ近代美術館に寄贈しました。その設置のため、美術館の展示室を調整しました。

 

 「電気の精」-作品の解説


 交響詩のように、この一大装飾画は科学者や発明家の登場のみならず、そうした発明・発見が日常生活に及ぼした反響をも描くことによって、観察や発明による電気の発展を表しています。デュフィは合成写真にヒントを得て、いわば寸劇を貼り付けて画面を展開します。画面と画面の関係を示唆する遠近法も区切りもありません。物事を互いに結びつけるために一色塗りを用いています。

La Fée Electricité

 デュフィがインタビューで明らかにしたように、この「詩的、歴史的、絵画的な」装飾画は天地創造に始まり、右から左へと進みます。ついで聖なる森が象徴する古代世界が展開します。
羊や羊飼いが穏やかに寝そべり、古代の三賢人が会合を開いています。

Détail de La Fée Electricité

次に、農作業の進展がほとんど見られない過渡期が現れます。工業化と都市化に至るまでの時代であります。

 このパノラマの中央には、オリンポスの神々が寺院の破風のように現れます。神々は好意的に雷を手放したことで得られた富の配分を司ります。富は現世における電気とその応用の象徴であります。

神々は二人の使者を遣わしています。豊かな角をもつヘルメスは発電所の上に立ち、天上と地上を結んでいます。虹の女神イリスは夜間世界の大都市を照らすので、産業界は活気づき、現代人は余暇を楽しみます。

Détail de La Fée Electricité

Détail de La Fée Electricité

 右半分を占める昼は輝く太陽によって表され、左半分は三日月や星雲が象徴する夜の中に沈んでいます。

Détail de La Fée Electricité

Détail de La Fée Electricité

 出典は多岐にわたります。画家としては、クロード・ジュレ(Claude Gellée dit “le Lorrain”, 1600-1682)とクロード・モネ(Claude Monet, 1840-1926)が挙げられます。
 デュフィ自身の作品からもテーマを取り上げています。
 最後に、同時代の画家・装飾家・グラフィックデザイナーとして、ポール・コラン(Paul Colin, 1892-1985)、カッサンドル(Cassandre, 1901-1968)、 ジャン・カルリュ(Jean Carlu, 1900-1997)も挙げましょう。また当時、大作の写真集『仕事をするフランス』(”La France travaille”)を仕上げたばかりの写真家フランソワ・コラール(Francois Kollar, 1904-1979)も忘れてはなりません。さらに、科学者全体にわたって参照したのは、フィギエ(Louis Figuier, 1819-1894)の『科学の驚異』(”Les merveilles de la science”, 1867-1869)であることは申すまでもありません。

トップへ戻る